甘味処ラーメンサイボーグ

ラーメンと甘味処のテンカオなブログ

2011年10月

大勝軒まるいち 六本木店@六本木

塩つけめん 800円
塩つけ麺
断面が四角い水で〆られた太麺。
並で350gとボリュームたっぷり。
もっちりとしていて喉越しが素晴らしいですね。
つけ汁は、豚骨強めのこってり出汁に塩ダレもしっかり効いています。
デフォの醤油より油分や旨みが強いような気もします。
塩と言いつつもパンチのあるつけ汁が、自家製の太麺とぴったりでなかなか旨いです。

めんま
具材は、噛み応えのあるチャーシュー、メンマ、海苔、なると、ネギ。
時折、刻んだ大葉が爽やかにしてくれます。
スープ割りは、こってりとあっさりから選択可能。
場所柄、雑な感じかなぁと思ってましたが、期待を裏切る美味しい塩つけめんでした。

餃子100円
ギョウザ
月木土は餃子の日で100円!

ラーメン二郎 中山駅前店@中山

小ラーメン豚入 ニンニク 750円
小
キリリと立ったカネシが主張する醤スープ。
スープを入れた後に投入する液体油の効果で豚がふわっと香ります。
乳化を好む人にはやや物足りないかもしれませんが、熱々で旨いスープです

豚
太さ、茹で加減、小麦感など全てにおいて二郎の標準的な麺。
徐々に醤スープを吸っていき旨くなります。
ゴロゴロ入った端豚は、タレが染みてしょっぱ旨!
他の端豚以外が霞んじゃいますね。
中山店は、回転も速く、味も安定感してますねー。

この日は店主さんの指導も見れました。
携帯いじりながらとろとろたべてる高校生に。
「携帯後にしてくれる僕
自分だけじゃなくてさ、待ってるお客さんの事も考えてくれる? 」
二郎で教育されるとはねー。
反抗してか、テーブルに残骸を散らかして帰って行きました
もう来ないだろうな。。。
4.5


つけ麺 五ノ神製作所@新宿

29日、肉の日限定

赤ワインソースつけ麺 ~豚バラ肉の赤ワイン煮を添えて~ 1000円
赤ワイン
ドデカイ厚切りの豚バラ肉がメイン。
赤ワインとカシスで長時間煮込まれホロッと柔らかく、余計な脂が削ぎ落とされていて旨いです
今日の麺は、通常よりもかため。
小麦の風味、グレイッシュな色合い、ともに弱めですが、ムチッとした食感はなかなかです。

つけ汁
動物系スープに煮詰めた赤ワインソースを合わせたつけ汁。
やや甘味が強く、洋風のすき焼きっぽくも感じる味わい。
エビ程のインパクトは無いですが、今までに味わったことのない
フレンチテイストのつけ汁が贅沢な気分にさせてくれますねー。

メンマ
つけ汁の中には、三角メンマ、チャーシュー
そして、ザク切りの玉ねぎがいいアクセントになってます。
何気に、つけ汁にどっぷり浸したバケットがかなり美味しかったです!
29日は、いつも採算度返しで楽しませてくれますねー
4.0

かれー麺 実之和 六本木店@六本木

かれーつけ麺 800円
カレー
丸鶏のみを8時間煮込んだスープ。
具材には、豚肉とネギのみとシンプル。
出汁がしっかりした、お蕎麦屋さんのカレーを彷彿させる和風な印象。
やや縮れの入ったプリプリ麺に、カレーが良く絡みます。

ライス
ランチサービスのライスは、茨木産の夢ごこちというブランド米。
ライス自体が美味しく、カレーにピッタリの絶妙なかたさ。
麺よりも断然美味しかったです。

ランチ定食を注文しているお客さんの方が多いですが、味噌汁ではなくて
カレースープが付くのも得した気分になりますよ
4.0


Bee Hive 六本木店@六本木

塩ラーメン naminori 850円
塩
シャモロックと27種類の素材を使用したスープ。
出汁の味を壊さない程度の塩加減も絶妙で、白トリュフオイルが見事に合わさっています。
スピルリナを練り込んだ細ストレート麺は、滑らかな舌触りで、塩スープにとてもあってます。
2種類のチャーシューは、シャモロック、平田牧場の三元豚と名ブランド。
ベビーリーフ、千住葱茂の白髪ネギは、塩スープを壊さない名脇役です。

フォアグラ丼 650円
フォアグラ
丼の表面をおおった、、、全部がフォアグラではありません。
口の中でねっとりと溶け、旨みがあふれ出するフォアグラが堪りません。
そして、長贅沢なソースとして、鶏とご飯に絡みますねぇ。
サイドメニューとしては値段は張りますが、反則敵な旨さ。

フォアグラを塩ラーメンのスープに溶かしても旨いんですよねー
4.5
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ