甘味処ラーメンサイボーグ

ラーメンと甘味処のテンカオなブログ

2011年11月

中華そば ムタヒロ@国分寺

リラックマ似の職人さんと城咲仁似のホスト役の店員さんが
オーバーオールに麦わら帽子姿で迎えてくれます

アハハ煮干つけ麺 750円
つけ麺
細かい背脂の浮いたつけ汁は、 酸味を感じない真っ直ぐな煮干感。
動物出汁、醤油ダレとのバランスも絶妙で、煮干が先頭に立って味を引っ張っています。
つけ汁に入った玉ねぎと香りの強い三つ葉がピッタリ。
柔らかチャーシュー、穂先メンマ、モヤシなどの他の具材も丁寧な仕事が見て取れます。

麺
麺は凪の要素が詰まった太麺。
多加水のもっちり感がたまりません。
煮干そば同様に、凪ゴールデン街の荒々しさを削ぎ落とした完成された味わいは、
激戦区の国分寺で既ににトップに踊り出たような気がします。
5.0

ホープ軒@国立競技場

ラーメン 700円
ラーメン
24時間営業の眠らないラーメン店!
液体油の上にチャッチャと入れられた背脂が浮く、王道の東京豚骨醤油ラーメンです。
豚骨のエキスがふわっと香る出汁。
醤油ダレは弱めに化調はビシッと効いています。
入れ放題のネギが嬉しいですねー。
上から卓上の醤油ダレをかけてたっぷりといただきます。

麺
断面が正方形の太麺は、柔らかめの茹であがり。
小麦が香るもっちり麺がスープと良く馴染んでますねぇ。
具材は、プレーンなチャーシュー、もやし、メンマ。

朝ラーとしてはヘビーですが、年に何度かはこんな朝食もアリかと思います
3.5

自家製麺 鶏そば 三歩一(サンブイチ)@高田馬場

濃厚鶏そば 750円
濃厚
コラーゲンたっぷりのスープは、トロッとしたポタージュのよう。
こってりしてますが、鶏の癖が全く出てないオオッと思わせるスープです
ただ、後味に残る化調っぽさがちょっと気になるかも。

麺
あわせるのは、ストレートの細麺。
鶏チャーシューは二種。
片方はバーナーで炙りが入ります。
卓上に用意された揚げエシャロット、食べるラー油、
カエシに漬かった刻み生姜は味変にかなり使えますね。
3.0

香妃園(コウヒエン)@六本木

特製とり煮込みそば 1365円
鶏
土鍋で提供される煮込みラーメン。
スープは、ややとろみもついていて超熱々。
博多の水炊きにも似た味わいは、鶏出汁に塩だけで十分に旨くなる事を教えてくれます。

麺
煮込んでデロデロになった麺は、量的には多くはないですね。
スープを吸っまくっており、麺も超熱々。
具材は、鶏肉と青菜だけというシンプルさですが、物足りなさは皆無です。
むしろご飯と卵でおじやが食べたくなりますねー。

そばはうす 不如帰@幡ヶ谷

つけそば 醤油 800円
つけそば
水で締められたつけそば用の麺の上には
細メンマ、チャーシュー、海苔、たっぷりのネギがのってます。

めん
全粒粉入りの中太麺は、噛むと小麦の風味が口の中で広がっていきます。
以前はもっとプリッとした食感があったような気もしますが。。。

つけ
あおさの風味と唐辛子の辛味がアクセントになったつけ汁。
カエシと酸味が強く感じられ、ちょっともったいないような気もしますが
それでも出汁の旨味は十分出てます!
つけ汁をレンゲで直接飲むよりも、麺をつけてから啜った時の方が、
不思議と蛤の風味が強く感じられますね。

スープ割りをすると、蛤出汁の旨味が炸裂し、つけ汁とは別物!
やはりコレですね!!
身体中にジンワリと染みわたる美味しさを堪能できます
4.0
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ