甘味処ラーメンサイボーグ

ラーメンと甘味処のテンカオなブログ

2012年06月

中野汁場 進化@新中野

海老の冷やしラーメン白醤油仕立て 900円
冷やし
丼からは、海老のいい香りがしてきます。
駿河湾の桜えびと七福醸造の白醤油で仕上げたスープはスッキリした塩味。
コラーゲンなのか?ややトロミがついていますね。

冷やし麺
デフォと同じ麺はキンキンに冷えて、コシの強さか半端ない。
咀嚼力が要求される程、歯を押し返す反発力が凄いです。
麺を啜るとパンチのある海老油の香りがのってきます。
ただ、冷やしにありがちな、中盤からの飽きが来ますね。
コシの強い麺を半分は熱々のつけ汁で食べたいなと思ってしまいました。

つけ麺 五ノ神製作所@新宿

赤ワインつけ麺 ~鶏モモ肉の赤ワイン煮込みを添えて~ 950円
つけ麺
前回のとはかなり異なるつけ汁。
動物系スープにアルコールを飛ばしたフランス産赤ワインとカシスリキュール。
カシスの影響が強く出ていますね。
フルーティーな甘さがカカカカカシスを髣髴とさせます。
いつものムッチリ麺が、不思議と違和感なく啜れます。
つけ汁には、ブロッコリー、マッシュルーム、ヤングコーン。
同じスープで煮込まれたドデカイ鶏モモ肉は、見た目グロテスクですが、熱々で繊維に沿ってほぐれるやわらかさ。
中までは味が染みていないので、つけ汁に沈めておくと飽きずに食べれます。
スープ割りは、海老の出汁が追加され、らしい味わいになりますね。

和風つけめん 栄楽@中野

ラーメン 700円
ラーメン
醤油ラーメンには違和感ある太さの麺は、中までしっかり茹でられています。
具材は、かためのチャーシュー、メンマ、ナルトと王道。
スープは、煮干などの出汁がしっかり感じられる和風仕立て。
うどんを食べている感覚になりますね。

麺屋宗 高田馬場本店@高田馬場

冷しサルサ麺withワサビアボガドパフェ 850円
サルサ
味変用のグラスと一緒にタバスコも提供されます。
麺の上にはサルサソース、トルティーヤチップス、鶏肉、プチトマト、ネギ。
グラスにはアボガドのシャーベット。
これ自体は味は強くなく、途中で混ぜ込むと、ワサビアボガドソースに。

サルサ麺
細麺にへばり付いてサルサソースが中和されます。
冷製の麺料理は、舌にも絡み付く程ポッテリした口当たりでした。

かもめ食堂@新横浜ラーメン博物館

ミニ気仙沼ラーメン 潮味 550円
潮
勝手に薄味かと思ってましたが、しっかりとしたガラや煮干の出汁が感じられます。
鶏ガラをベースに鯛干し、昆布を加えたダブルスープにサンマの香味油が浮かべられているとのこと。

潮麺
麺は細縮れ。
ミニだと余裕で100g無いですね。
具材も飾り程度で切ないなぁ。
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ