甘味処ラーメンサイボーグ

ラーメンと甘味処のテンカオなブログ

2013年03月

中華そば 児ノ木@落合

中華そば 650円
児の木店名の読みは「ちごのき」。
燕三条系をうたうスープは、煮干や乾物系の旨味が広がるハイレベルな醤油味。
液体油の層が厚く、背脂の甘みと相まって旨さを引き立たせています。
麺は中太でプリプリ。
具材の玉ネギは、鉄板の相性。
他に、やわらかな厚切りチャーシュー、シャキシャキメンマ、ネギ、海苔。
丼の底の柚子がスープを飲む動作を加速させます。


つけ麺 700円
つけ麺水でしめられた麺は、つけ麺の麺としては細め。
もっちり食感。
つけ汁は、魚介に酢の効いたクラシカルなタイプ。
中には、チャーシュー、メンマ、ネギ、柚子。
大量の魚粉が投入されザラザラ、味も支配的で中華そばに比べると・・・。

いつ樹@小作

3/29 肉の日限定
ぶっかけジンギスカン 970円
ぶっかけジンギスカン焼いたコマ切れのラム肉とラムチャーシューがどっさり。
焼いた方は癖は有りませんが、チャーシューはラム独特の香り。
スープは、ラム出汁と煮干し昆布出汁を合わせた清湯。
キャベツ、モヤシ、玉ネギは茹でられてますが、肉と一緒に頬張ると、醤油味のタンメンみたい。

麺平打ち麺はチキンラーメンの時と同じかな。
終盤にかけて肉や野菜の旨味がスープに馴染み、旨くなって行きます。

ラーメン二郎 三田本店@三田

ぶた入りラーメン ヤサイ ニンニク カラメ 700円
ぶた夜営業が始まってからは初訪問。
盛りの雑さは相変わらずですが、昼の醤スープに比べると乳化の進んだスープ。
肉、油、脂、豚のエキスが溢れる程濃厚。
豚は意識して入れているのか。
タレの染みた端っこ、柔らかな赤身、固めの赤身、脂身、筋と色々。

三田固めで注文していないので、デロ麺。
クタクタの野菜といい咀嚼の回数が減り、バキュームの如く食べ進めるのも全然有りですね。

蒙古タンメン中本新宿店@新宿

カラトマサ 大辛 850円 インド 170円
カラトマサ辛旨スープにトマトがあわさった新宿店の限定。
辛さ増しの大辛仕様なので、もちろん激辛ですが、トマトの酸味で爽やかにすら感じます。
中にはアサリの身、千切りキャベツはスープにつけてしんなりさせても良いですね。
そして、辛いはずのカレーが甘口に感じる・・・

神保町 可以@神保町

佐伯ラーメン 700円
佐伯ラーメンオイリーでニンニク、胡椒の効いた豚骨スープはパンチ有り。
醤油もビシッと主張しかなり中毒性のある味。
やわめの中細麺にネギとゴマが絡みます。
渡なべで提供された時より旨くなってました。


新潟背脂煮干し 800円
image
熱々のスープは、ライトな煮干しと大量の脂。
麺は不揃いの縮れ。
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ