甘味処ラーメンサイボーグ

ラーメンと甘味処のテンカオなブログ

2013年06月

ラーメン 暁@蒲田

肉野菜つけめん 750円
image
麺は平打ちストレート。
濃ゆい醤油ダレのショッパーなつけ汁。
中にはほぐしチャーシューと炒めキャベツがたっぷり入ってます。

ミニキーマカレー 100円
image


鰯とトマトの冷製つけめん 880円
鰯水でしめられた細麺の下には、濃い味ではないですが、トマトスープがはられており、粉チーズ少々。
トッピングに、鰯、ズッキーニ、茄子、レモンなど。
つけ汁も冷製。
ドロッとしてますが、魚臭さは殆どなく、鰯の骨も含んだ旨味が凝縮してます。
トマトと鰯のスープが混ざった三つ目の味がめちゃくちゃ旨い創作つけ麺でした。


ラーメン 800円
IMG_4528


替え玉 200円
IMG_4534

ラーメン凪 豚王@渋谷

夏を乗り切れ!竹炭漆黒麺の濃厚つけ麺
~夏野菜のピクルスを添えて~ 900円
レバー真っ黒い平打ち麺。
油が和えてあるようですが味付けはなし。
つけ汁は、クリーミーな白濁豚骨。
底にレバーペースト、表面に海老油が浮かびます。
レバーのこってり、海老油の香ばしさが加わりなかなかのパンチあるつけ汁です。
別皿にもレバー、爆弾的なトッピングも味噌レバー。
レバー尽くしでかなりツボでした。


シジミと牛の貝牛塩らーめん 850円
image
牛とシジミを感じるあっさりスープ。
あわせるのはしなやかなストレート細麺。
とろとろの牛スジがウマい。
焼き豆腐で更にタンパク質補給。


豚骨バカのガチ炊き久留米ラーメン 800円 ランチセット 100円
豚骨白濁豚骨スープは臭みのないマイルド仕立て。ちょっとヌルイのが気になるかな。
薄切りのチャーシューは久留米らしさが出てますが、麺は中細ストレートでらしくない旨さでした。


トリュフ王 1200円
トリュフデフォの白濁豚骨スープにトリュフオイルが浮かびます。
癖のない優しいスープなのでトリュフオイルもトッピングのトリュフも香りが引き立ち旨いですね。
麺は中太麺を選択。
チャーシューは大ぶりで、青ネギと辛味も高機能。
一度は高級感を味わっても損はしないかも。


蠣のかき混ぜ麺 950円
牡蠣中太麺の上には、蠣油、牡蠣風味の肉玉、ネギ、海苔などのトッピング。
牡蠣油のタレはオリーブオイルのような味わい。
単調な味にはダイストマトとレモンが爽やかさをプラスしてくれます。


いわし王 850円
いわし王スープは魚より豚骨が勝つ印象。
イワシは油からほんのり、そして煮干で直接という仕様でしょうか。
麺は細太から選択。
太麺ではないですが、中程度の縮れの入った太さ。
もっとイワシガツンを期待してました。


ニンニク王 850円
ニンニク王サラッとクリーミーで癖のない白濁豚骨スープ。
ニンニクの芽と揚げニンニク。
焦がしたニンニクが胸焼けを起こすレベルに効いてます。


エスニック味噌豚骨焼麺 850円
豚王
麺の上には沢山のネギとパクチー。
中細麺は焼く事で香ばしく、味噌が調味料的に馴染んでますね。
レモンの酸味やナッツの食感がアクセントになりますが、ナッツはちょっと入れすぎなような。
豚骨スープはつけ汁にするには薄いので、挽肉と絡んだ麺、タレごと入れた方が正解でした。

翠王 890円
IMG_4358

三代目 狼煙@幡ヶ谷

濃厚らーめん 750円
狼煙スープはドロドロの動物魚介。
丼の底には髄が溜まってて、この系統でもかなり濃い部類に入りそうです。
中太麺はクニっとした食感。
チャーシュー、メンマ、ネギ、玉ネギ、海苔、魚粉と定番のトッピング。

中野汁場 進化@新中野

濃縮ムール貝の冷やしおつけ麺 900円
進化宗田節の出汁に浸かった細ストレート麺は、つるつると喉越し良好。
スープは灰色と緑色をたしたような色、ムール貝そのものの色が出てるんですかね。
口に含み温まると、濃縮出汁の旨味が強烈に広がります。
出汁同士が混ざるとまた格別。
生ハムのようなチャーシューも極ウマでした。

おおぜき中華そば店@恵比寿

イカ煮干つけそば 白口鰯ペースト添え 850円
おおぜきつけ汁は、色からすると以外にサラッとしたもの。
烏賊煮干の風味はビシッと効いてビターな旨さ。
中には、烏賊、キクラゲ、玉ネギ。
麺はやや芯を残す茹で加減で、歯を押し返す強さがあります。
今回のメインは白口鰯ペーストですかね。
魚の旨味が強烈で和え麺としてもかなりいけます。
つけ汁とあわせると、更にパンチが加わり旨い。


とうきび牛のまぜそば 900円
image


キジ魚介そば 800円
麺


キジせいろ 900円
雉細麺には香味油が和えてありポクポクとした食感。
つけ汁は、せいろにふさわしいシンプルな醤油。
油がツユっぽさをなくしてます。
ネギと雉肉の相性は言わずもがな。


にぼ和えそば 750円 にぼし炊き込みご飯 100円
おおぜき長尾中華そばのまぜにぼインスパイア。
あちらのもちもちドロドロに対して、こちらはしこしこサラサラ。
濃すぎない絶妙の味わいでサクッと食べれます。
炊き込みご飯は、鶏めし風で、煮干はほぼ感じませんでした。


にぼ和えそば 750円
image



おお様中華そば 750円
おおぜき鴨油の浮かぶスープは、ビターで長ネギを甘く感じさせます。
胡椒がピリリと効き、苦甘辛にかための細麺がはまってます。


台湾和え玉 小200円
台湾麺はシコシコ食感の中細縮れ。
濃厚スープやニンニクは入りませんが、
タレと台湾まぜそば定番のトッピングで食べさせてくれますね。
残ったスープを注ぐと更に旨い。


4段仕込み純煮干そば 750円
おおぜきカエシ不使用で脂を少量使用した清湯純煮干出汁。


雲は、やさしく 850円
おおぜきスープは、田舎味噌のような優しい味わい。
レバペーストは麺に絡めても旨いし、スープに溶いてもグッと強力な味に変化します。
トッピングのゴボウもはまってます。


特濃にぼみそ 750円
味噌煮干が強烈過ぎて、味噌が隠し味になってますね。
それがまた旨いんですけど。


ブリ節とアサリの塩そば 750円
おおぜき煮干じゃない限定。
具は別皿で、かけスタイルの一杯に自信が伺えます。


淡麗塩煮干そば 800円
塩煮干の効いたスープは、塩分濃度高め。
シャラン鴨のロースは二口サイズですが激ウマ。


特濃にぼしそばイカアサリ 800円
煮干煮干、烏賊、浅利の三重奏。
これまでの限定で一番好みかも。


煮干ソバ 白 800円
白イチカワインスパイア。
塩ダレなので、煮干の旨味がより鮮明。
いつも濃厚系を食べてると、清湯スープのガチな煮干具合も旨いなと思います。
具材は、トロッとやわらかく香ばしいチャーシュー、細メンマ、タマネギ、青ネギ。


鴨白湯そば 750円
鴨サラッとしたスープは、鴨のしっかりした旨味を感じますが、塩分濃度が気になるかな。
あわせるのはかために茹でられた細麺。
チャーシューはまんま豚の生姜焼き。
青ネギよりも玉ネギがほしいところ。


特濃にぼしそば(赤貝) 味玉 850円
おおぜき中華そば店ぶれないドロスープ。
凶暴な煮干に癖を感じるのが赤貝でしょうか。
塩分は今迄で一番高いような気がします。


和え玉 小 100円
和え玉


特濃にぼしvsアラのそば 750円
おおぜき相変わらずグラウンドレベルの旨いド濃厚煮干スープ。
ん、真鯛・金目鯛・平目のアラはどこ?
言われないとわからない位煮干に支配されていて、アラっぽさは瞬間的に感じるような感じないような。
濃厚煮干の圧勝ですね。
あわせるのはかために茹でられた細麺。
煮干を抑えた第二弾も食べてみたいな。


イカと煮干の黒いそば 800円
烏賊焦げ茶色のスープは、ストレートに烏賊煮干が来るしょっぱーな味わい。
あわせるのは中太麺。
具材は、珍しい烏賊ワンタン、チャーシュー、メンマ、玉ネギ、水菜、ナルト、海苔。


鯛焼き干しつけそば 900円
image

中華そば 780円
IMG_4869


鶏油まぜそば 800円
IMG_4871
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

2.9

  • ライブドアブログ