かなり久しぶりの桜台
食べ終わったお客さんと出入口ですれ違う時は、無意識に息を止めてしまいますねっ
これって二郎あるある

小豚入り ニンニクマシマシ アブラ
小
ド乳化スープに白子っぽい脂。懐かしいです!
脂をお椀に移動し、つつきながら卓上の醤油ダレと絡めてセルフ汁なしを作るのが桜台のお決まり。
スープは、豚出汁の旨みが半端ない!
麺と野菜にスープを吸わせると、旨すぎてがっついちゃいますね。

めん
以前よりも細くなった麺。
二郎標準な太さになって、ゴワゴワ感はなくなりましたが、
丁度良い油で加減で、スルスル食べ進められます。
茹で時間の短縮と食べやすさで、回転もより速くなってますねー。

もちろんすき焼き風も味わって、あらためて味噌汁用のお椀が、
セルフ汁なしとすき焼きを味わうのに最適なアイテムだと分かります。

豚
豚は、やわらかく味付けも絶妙。
タレが染みた端っこも入ってます!
席も端だと更にラッキーですが。。。

ブレの大きい桜台というイメージがありますが、今日は大当たりでした

新井五差路から沼袋を抜けていく道を二郎通りと呼び、
お椀はあくまでもセルフ汁なし用と豪語する程、汁なしが大好物の後輩が
桜台をホームにしてるのがうなづける旨さでしたー
5.0