甘味処ラーメンサイボーグ

ラーメンと甘味処のテンカオなブログ

葛飾区ラーメン

つけ麺 一燈@新小岩

味玉伊勢海老つけ麺
image
綺麗にたたまれた麺はしっかり〆られがっしりした食感。
スープはドロドロですが、伊勢海老もガツンとは来ないマイルド仕立て。
味玉は燻製。
もっと振り切ったものが食べたくなりました。

麺屋 一燈@新小岩

鷄そば 880円
鶏そば清湯スープは鷄の旨味たっぷり。
具材は、鶏皮、鷄肉、二種類のネギとシンプルなので、スープの美味しさを邪魔する事はありません。
あわせるのは、ストレート細麺。
言うことなしの旨さ。

東京鶏飯 一燈風
飯〆に食べるにはかなり濃厚な雑炊。
白湯スープに昆布の塩味、挽肉のコク、ネギがプラスされコレも激ウマ。


西武池袋本店催事
はまぐり鶏節そば 780円
鶏節蛤と鶏節の旨味が想像以上の清湯スープ。
タレは控えめで、厚みのある出汁の旨さが伝わります。
麺は細ストレート。
低温調理の鶏豚チャーシューも相変わらずのクオリティ。

ラーメン 燈郎@新小岩

でづのかにやん 680円
蟹丼からは、カニの香りが立ちのぼります。
清湯ながらもカニのストレートな旨味が詰まったスープ。
あわせるのは細ストレート麺。
具には、カニ身、薩摩揚げ風のカニ団子、ワカメ、クラゲ、ネギ。


あらいばーぐ 200円
はんばーぐ咀嚼不必要のハンバーグが旨い。


台湾汁無し油そば 750円
台湾肉味噌、チャーシュー、ニラ、ネギ、卵黄、海苔、魚粉、ニンニクなど台湾まぜそば定番のトッピング。
麺は平打ちストレート。しっかりと茹でてあり、油、タレ、具材と良く馴染みます。
微々たる辛さなので、ラー油や唐辛子、また酢を入れても旨いです。
残ったタレと具材は追い飯で〆れます。


烏賊出汁清湯らーめん でづのいかやん 750円
烏賊微妙に黒ずんでるようなスープからは、強烈な烏賊煮干の香りが漂います。
が、香り程エグミはなく、スーッと入ってくる感じ。
あわせるのはストレートの細麺。
あっさりスープ、淡白な烏賊バーグにはブラックペッパーをピリッと効かせるとあり。


アライと蜆の王 780円
シジミスープは、濃厚で癖のない鶏白湯ベース。
シジミエキスが口の中でいっぱいに広がる、最後の一滴まで飲み干したい極旨スープです。
麺はスーッと芯の通った細ストレート。
紹興酒漬けのレアチャーシューがまた旨い。


あさりとこぶやん 680円
あさりとスープは浅蜊と昆布の旨味たっぷり。
動物系不使用のスープですが、油が香ばしく物足りなさを感じません。
香りのいい海苔もポイント。
噛みしめるとタレと豚の味が染み出すチャーシューも旨い。


煮干味噌ラーメン 750円
味噌スープはドロドロで味噌よりも煮干がガツンと効いています。
麺はつるつると啜りやすい平打ちストレート。
甘露煮のようなチャーシュー、玉ネギ
ニンニクはもちろん必須ですが、甘酢漬けのガリの存在がありがたい。


つめたいわん 730円
台湾水で〆られた平打ちストレート麺には豆乳ベースのタレが絡み、ミンチ、卵黄、ニラ、ネギ、海苔、魚粉、ニンニクなどの台湾まぜそば定番の具材に、噛み応えのあるレアチャーシューものり具沢山。
熱々よりもサッパリしてますが、ピリ辛でニンニクやニラの威力はより強いように感じます。
〆の追い飯も間違いない旨さでした。

ミニラーメン 730円 ステーキ 300円 豚 200円
20171015_114230929
ド乳化甘めの動物系スープに太ストレート麺。
豚は味付け濃くやわらか。
ステーキはそれなり。

牡蠣出汁白湯らーめん 「でづのかきやん2号」 750円
image
鶏白湯に牡蠣をあわせたスープ。
牡蠣の旨味がしっかり感じられ、口当たり円やか。
牡蠣自体経験値は低いですが、
今まで食べた事のないとても品のある味わい。
表面に浮かぶ牡蠣煮干油の香りがグンと旨さを高めます。
ストレート麺は宮庵と同じような、かための茹で加減。
具材は、穂先メンマ、ネギ、あおさ。
オイスターソース風味のチャーシューは、炙りが入っていて旨かった。


ラーメン ニンニク 750円
ラーメン
普通盛りでも野菜の山。
チャーシューはやわらか。
スープは乳化しており、二郎系とは異なる味を出していますが、まったりとした口当たりで旨い。

麺
麺はオープン時とは変わってストレートの平打ち。
二郎標準の太さで、つるつると啜りやすい麺です。
ボリュームは有りますが、必要以上に油っこくなく食べやすい一杯でした。

麺屋一燈が同じ新小岩にオープンした二郎インスパイア!
一燈から距離にして120m、徒歩1分。

ラーメン ヤサイニンニク 豚増し 温泉卵 とろけるチーズ
ラーメン
トッピングは食券を渡す時にきかれます。
着席後10分程待って
うず高く盛られた野菜の頂上にアサツキ、並べられた4枚の豚、多めのニンニク、
ときれいな盛りつけで登場!

スープ
ド乳化のスープは、底に沈んだ骨粉が物語るとおり豚骨独特の旨みがガツン!
一方で、カエシが程良く効いていて、マイルドな印象もあり万人に受け入れられそうな気もします。
卓上には、醤油ダレと魚介のスープ割りが用意されているので、好みの濃さに調節可能です。

めん
麺と豚の主張はかなり控えめ。
四角い断面の麺は、インスパイア系に多いタイプ。
かためでゴワっとした食感。
ほぼ脂身の無いパサ豚は、味付け薄め。

チーズ
温泉卵は、生卵のスキヤキ風とは違ったトロッと感が加わりいけてます。
チーズは、なかなかとけなかったです。
去年、一燈の限定で提供された時はめちゃめちゃ旨かったので、ハードルを上げ過ぎたかもですねー。


油そば 並盛 ニンニク 750円 ステーキ 300円
油そば
トッピングのステーキが丼の半分を覆う迫力。
塩コショウで味付けされたステーキは、冷めていて
トッピングとしてはむいていませんが、100gで300円なら十分なボリュームです。
他に、野菜、チーズ、青ネギ、カラムーチョ、ニンニクなどの具材が入ってます。
丼の底に少量のスープがたまった、混ぜる楽しみのある汁なしで、
カエシと化調の塩味で食わせる感じ。
途中で味変にと提供された明太ジャンは、ピリ辛とコクが増して最後まで飽きさせません。

めん
麺はややかためで絶妙の茹で加減。
小麦が詰まっていて、オープン時のゴワ麺よりも、もっちりしたような気がします。
角煮風の豚は、とろける柔らかさでタレの染みも良く旨い。
豚増しにしても損はさせない出来です。

実は、隣にいたお客さんのアンモニア臭が気になって気になって・・・
当然スパイスになるわけもなく、味覚に大分影響したかな。

ラーメン 800円
image

麺屋 一燈@新小岩

昔ながらの中華そば 680円
一燈スープはじんわりと美味しい清湯醤油味。
かために茹でられた細ストレート麺、バラとロースの二種のチャーシュー、コリコリのメンマが古さを感じさせません。

中華そば 敦@亀有

中華そば 650円
中華そば一口目、僅かに酸味を感じるスープ。
カエシ控えめ、油はゼロに近く、出汁主体の中華そば。
始めは薄いかなと思いますが、徐々にガラや魚介がじわじわと重なるように舌に馴染みます。
麺は太めでプニッとした、珍しい食感。
長短二種のメンマ、チャーシュー、ネギ。
クラシカルな一面も感じる一杯でした。
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ